エクセルで名刺作成するときの用紙の選び方

最近はパソコンやプリンターが普及し、以前は印刷業者に依頼していた名刺作成も自宅で簡単に出来る様になりました。名刺作成のソフトも多くの物が出回っており、単純にソフトの指示に従うだけで美しい名刺が作成できるようになっています。しかしソフトをインストールするのが面倒、日頃使い慣れているエクセルで作成したいという人も少なくありません。その場合、用紙の選び方にも注意をしないと相手に対して良い印象を与えないので注意が必要です。但し、用紙の選び方によっては印刷業者に依頼するよりもずっと好印象を与える名刺を作成することも可能になるのです。エクセルには様々な機能もあるので、これらの機能を効果的に利用することでデザイン性に優れた効果的な名刺を作成することができます。

データ管理やレイアウト管理が出来るのがエクセルの強み

エクセルは表計算ソフトとも言われ、複雑な表計算を行ったりするのが得意なソフトです。その為、名刺作成などデザイン面が重視されるものの作成にはあまり向かないという印象を持っている人も少なくありません。しかし、エクセルには引数機能があり、セルと呼ばれる部分に他の部分からデータや文字列を引用することができます。すなわち、住所や氏名、連絡先などを表形式で整理しておくことで、決まったフォーマットにその表に記載された内容を自動的に記載することができます。これはワードやパワーポイントにはない機能で、そのため予めデザインを決めておけば社内で同じデザインの複数の名刺を作成するのに向いています。その為、社内全員の名刺作成を行う場合などは非常に効率的に作成する事が出来るのです。

エクセルで名刺作成を行う場合には用紙は自由に選べる

エクセルは汎用ソフトなので、基本的にはどの様な用紙でも印刷することができます。その為、プリンターの性能や実際に名詞としての出来栄えを考えて自由に用紙を選ぶことができるのです。家庭用の場合には予め一般的な名刺サイズにミシン目が入っている専用の用紙がいろいろと販売されているので、これを利用するのが最も効率的です。しかし、実際に高級感を出したい場合や、他とは変わった名刺を作成したい場合には敢えて名刺専用ではない色や柄の入ったものを使用する事も変化がついてよいものです。さらには、エクセルで作成した名刺データを印刷してくれる業者もいるので、この場合には様々な用紙の中から自分の気に入った物が選べます。名刺作成ソフトの場合には専用の用紙を使用することで最も良い出来栄えになるようになっていますが、用紙の自由度が高いのがエクセルによる名刺作成の魅力です。

コメントは受け付けていません。