開店祝いに送る花の相場を教えます

開業や開店祝いにお花を贈る習慣があります。お店の入り口脇などによくスタンド花が飾られているのを見かけます。開店の宣伝にもなり、見た目にも華やかです。開店の際に人気のお花と言えば、胡蝶蘭が知られています。花持ちがよく幸福を運んでくる花として大変人気です。3本立てで30,000円、5本立てで50,000円と大変高価ではありますが、長く飾ってもらえるのでお得です。また実物を見ずに注文してもボリュームや見た目に差がないことから、オーダーしやすいのもメリットです。よく見かけるスタンド花では1段のものと2段のものがあり、予算によって選べます。色合いも華やかでボリュームもあるので一見して開店とわかるお祝いムードにおすすめです。相場は10,000円から30,000円ほどで、容器を回収してもらえるので片づけの手間がかからないのがうれしいです。

予算に応じて選べる、開店祝いに贈りたいお花

その他開店祝いにおすすめのお花として、アレンジメントがあります。小ぶりなものから大きなものまで予算に応じて選べます。送り主が直接持って行きたい場合などにも向いており、予算も3,000円からと注文しやすいです。アレンジメントの大きさ、色合い、花の選び方で雰囲気を変える事が出来るので、お店のイメージに合った色や贈り先の好きな花などを使うのも喜ばれます。長く楽しめ、インテリアとしても飾れる観葉植物もおすすめです。殺風景になりがちなオフィスや病院、自宅宛てでも喜ばれます。縁起の良い植物を選んだり、寄せ植えなどもおしゃれです。水やりの手間がかからないものなど、お世話に時間をかけずに飾れるものなどは相手を選ばないのでおすすめです。大きくする楽しみもあり、予算に応じて探しやすいです。

開店祝いに人気のお花~番外編~

番外編として取り上げたいのは、ドライフラワーとプリザーブドフラワー、造花のアレンジメントです。生きた植物を送るのがマナーとはされているものの、贈り先の雰囲気によっては残るもののほうがよいこともあります。プリザーブドフラワーは生花のような質感を持ちつつ半永久に飾れるので、お世話の必要なく長く楽しんでもらいたい方におすすめです。生花と比較すれば予算も高めとなりますが、また違ったおしゃれさがあり人気があります。全体に開店祝いでのお花にかける予算は、友達や知人では5,000円ほど、親族などには10,000円ほど、取引先などには10,000円から50,000円ほどで、大きなものであれば贈り先へ連絡してからお届けするのがよいです。また立て札やメッセージを付けておくと喜ばれます。