送って喜ばれる開店祝いの花の例を紹介します

お知り合いや取引先の方など、どなたかがお店を開くという新しい門出を、気持ちよく心からお祝いしたいですね。そんな時のお祝いとして、お花を贈ることがあります。なぜ開店祝いにお花を贈ることが多いのかというと、次のような効果があるからです。まず、人目を惹くという効果です。店頭に置かれた花は周りの視線を集め、お店に誘導しやすくするという効果があります。また、立て札を立てて贈ることで贈り主の会社や名前の宣伝にもなります。次に、賑わった雰囲気を作ることができるという効果です。店内に置いた場合、ブーケやフラワーアレンジメントなどがあると場が賑やかに見えたり、来客が多く繁盛しているような雰囲気が醸し出されます。このような効果があるため、開店祝いにお花を贈ることが多くあるのです。

開店祝いにはどんな花が向いているか

開店祝いに贈られる花として多くみられるのは、胡蝶蘭、スタンド花、フラワーアレンジメント、ブリザーブドフラワー、観葉植物です。それぞれの特徴には次のようなものがあります。胡蝶蘭は、花言葉が「幸福が飛んでくる」なので縁起がいいとされており、更に鉢植えの胡蝶蘭は「根付く」つまり「地域に根付く」という意味があり、こちらも縁起がいいものといえます。スタンド花は、店頭に置かれると人目を惹きます。また、立て札も立てやすく贈り主の宣伝効果も高くなります。フラワーアレンジメントはリーズナブルな価格で贈りやすく、花瓶がなくても手軽に飾ることができます。ブリザーブドフラワーは半永久的に楽しめるので、思い出の品としても飾っておけます。価格帯や種類も豊富にあるため、イメージに合わせやすいです。観葉植物は開店後も長く育てることができます。縁起のいい花言葉があるものも多いので、祝福の気持ちを託すのもいいですね。

開店祝いの花の選び方、マナーとは

どのような花を贈ろうかイメージがついたら、花を贈る際に利用するお店を決めなければなりません。まずは、予算と花のタイプを決めます。実際に花屋さんに行ったり、インターネット上のショップで予算やイメージに合った花を探します。手渡しでなく配送する場合には開店日までに届くかを確認する必要もあります。また、お店の評判や口コミをチェックするのも納得できるお店を見つけるひとつの方法です。利用するお店を決めたら、開店祝いのお花を贈るのですが、いくつかのマナーがあります。家族や友人、取引先など関係性によって違うお祝いの相場に沿って贈り物をしたり、花の種類に合わせて贈る日にちを考慮したり、お店の業種やコンセプトに合った花を選ぶなどのマナーがあります。こういったマナーも大切にしながら気持ちのこもった贈り物をしたいですね。