華やかで目立つ開店祝いの花を紹介します

開店祝いで贈るお花にはどのようなものがよいのでしょうか。実際に贈ろうと思うと何を選んだらいいのか悩んでしまうものですが、晴れて開店を華やかにお祝いしたいのであれば、やはり一番のおすすめは胡蝶蘭です。胡蝶蘭には幸福が飛んでくるという花言葉があり、鉢植えであれば根を下ろすという意味もありますので、複数の縁起のいいイメージを持ち合わせています。見た目も豪華で華やかな胡蝶蘭は開店祝いとして送るにはとても適したお花なのです。また、花の香りや花粉が多くありませんので、飲食店や物販店でもあまり気にすることなく飾ることができます。お手入れは難しいことはなく、水やりも多くはないので、お店のきりもりで忙しいという方にも管理しやすいと言えるでしょう。色は清潔なイメージの白や室内を彩るピンクが人気です。

お花の贈り方には様々なスタイルがあります

胡蝶蘭以外にもそれぞれ違った魅力のお花や飾り方もたくさんありますので、開店祝いで贈るとよいお花のスタイルについてご紹介したいと思います。まず、スタンド花は大きくて華やかなので、店舗の入り口に配置するとお客さんからの注目を引くことができます。スタンド花が置いてあると、開店したばかりだということが一目でわかるので、集客のお手伝いにもつながります。次にアレンジメントはタイプにもよりますが、スタンドより小ぶりに作ることができるので、入り口や店内など、好きな場所に置きやすいというメリットがあります。また、価格がリーズナブルなものが多いので、予算に応じて種類を選ぶことができます。入れ替えの必要のないそのまま置くだけのタイプは手間がかからず、特に好まれます。また、長く楽しむのであればプリザーブドフラワーなどもおすすめです。

開店祝いを贈る際に気を付けておきたいこと

送り先との間柄や関係によって予算や種類も様々かと思います。親族などの身内の場合は親族間で金額にばらつきが出ないように事前に予算の打ち合わせをしておくのもよいでしょう。また、何人かでまとめて贈る場合は、金額の張るスタンド花などでも一人当たりの負担が高額になることなく準備ができます。取引先へ贈る場合は先方の好みがわかりにくいかと思いますが、そういった場合はあつらえてもらうお花屋さんに相談してみましょう。お花を贈る際に注意したい点もあります。赤い花は赤字や火事を連想させるので、開店祝いで送るお花としては避けた方がいいでしょう。ただし、相手が希望する場合はこの限りではありません。贈り方には色々な形がありますが、大切なのは開店を心からお祝いする気持ちです。贈る際にメッセージを添えるとより一層お祝いの気持ちが伝わります。