良く利用される人気の開店祝いの花の特徴について

開店祝いの際の贈り物として、店頭に飾ってあると人目に付くのでお客さんを呼び込む効果や、店内をにぎやかに彩る効果があるという理由から花を選ぶ人は多くいます。実際に開店祝いに花を贈ろうと思った時、どのような花を選べば喜んでもらえるのか気になるものです。人気の開店祝いの花にはどのような特徴があるのでしょうか。まず最も求められることは、華やかに店内を彩ってくれる、人目に付くような目立つ見た目のものです。また、せっかくもらったお花もすぐに枯れてしまってはその後処分するだけになってしまうので、花持ちのいいものも人気です。ブリザードフラワーのように生花でなくても見た目が華やかで長い期間楽しめるようなものも人気を集めています。縁起のいい花言葉のある花なども、ちょっとしたメッセージが込められるので人気が高くなっています。

実際に人気の高い花の種類を紹介します。

開店祝いに贈られる人気の花の特徴をご案内しましたが、実際に人気の高い花の種類にはどのようなものがあるのでしょうか。まず開店祝いの花の定番として挙げられるのが胡蝶蘭です。華やかでボリュームのある見た目が人目を引き、1か月近い長い期間きれいな状態を保つことができるので、長く飾っておくことができるという点が人気のポイントでしょう。お花屋さんで作ってもらうスタンド花も人気が高く、お花のプロが選んだ色とりどりの花が店内や店頭を華やかにしてくれます。スタンドも1段、2段と選べたり、凝ったものがあったりと選択肢が多く、会社の場合は自社の名前を書いた札などを付けることもできるので宣伝効果もあります。他にも長く置くことができて優しい雰囲気を出せる観葉植物や、リーズナブルなアレジメントフラワーなども人気です。

開店祝いにお花を贈る際の注意点

開店祝いの際に贈ると喜ばれるお花ですが、贈る相手や自分との関係によって注意する点もあります。例えば友人に贈る場合や家族、親戚に贈る場合、取引先に贈る場合など、相手によって相場がある程度決まっているので、その範囲でお花を選ぶようにしましょう。また、飲食店や病院などの場合は香りの強い花を避けるなど、贈る先の業種に合わせた配慮をする必要もあります。広い店舗であればインテリアとしても使える慣用植物などは喜ばれますが、スペースがない場合にはあまり大きなものをもらっても置き場所に困ってしまうというところもあります。お店の雰囲気によってもマッチするお花の種類は変わってきて、スタイリッシュな雰囲気のお店であれば胡蝶蘭のように存在感のある華やかなものより、おしゃれなアレジメントの方が映える場合もあります。また、赤い花は火事や赤字を連想させるとして一般的には避けた方が良いと言われているので注意しましょう。