開店祝いに送って喜ばれる花の種類を説明します

新しい店舗ができるときには所縁のある人や企業等からそのお店に開店祝いの花を贈ることがあります。贈られた花々が店の外観や内観に並ばれているのを見ると、お店も華やかな気分になるので、これらは店側にとってもインテリアとして重宝します。おめでとうの気持ちを込めていたり、お世話になったお礼の意味を込めたりと、贈る側の気持ちは様々ですが、相手に喜んでもらいたいと思って贈っている気持ちは同じはずです。そのためにも、開店祝いの際に贈る時にふさわしい物をしっかりと選びたいものです。このような時に好まれる種類もありますので、初めて贈る時やあまり贈答に詳しくない時には、一応確認しておいた方が間違いありませんし、開店のお祝い事を熟知している花屋の人に、最適な種類をアドバイスしてもらうなどするのもお勧めです。

開店祝いの花は贈る相手が世話をしやすい物を

一般的には開店祝いに向いているとされる花にはいくつかがありますが、全体として見栄えが良くて、貰った店側がお手入れや世話などがしやすい種類が好まれます。開店当時は特に忙しいので、あまり手間がかかりすぎる物を贈ると、貰った側には返って負担になってしまいます。また、せっかくの綺麗な花がすぐに枯れてしまうような日持ちしない種や、葉っぱが落ちやすい種類ですと周囲を汚してしまうことや、落ちた葉っぱの掃除の頻度が多くなってしまいますので、こういった種類も開店祝いの花として選ぶのは避けておくべきです。以上のことから人気があるものに、豪華に見えて日持ちもする胡蝶蘭やスタンド花、アレンジメントされた物、観葉植物や枯れることがないブリザーブドフラワーなどが選ばれやすいです。起きる相手の身になって適切な開店祝いの花にすることが大切です。

贈る相手にふさわしい開店祝いの花を選ぶ

開店祝いの花として胡蝶蘭が置いてあるのを見かけたことも多いと思いますが、胡蝶蘭には豪華な見栄えもありますが、幸福が飛んでくるという花言葉もあって、そのために縁起が良いと考えられるので贈り物としての人気があります。しかも鉢植えの胡蝶蘭は根付くという意味から、地域に根付くことを連想させるので、そこでも縁起が良い花だとされています。このような花言葉の意味が開店にふさわしいとされる場合も喜ばれる贈り物になります。スタンドも店頭に置くとひと目をひきますし、賑やかな演出になるので好まれます。アレンジメントの場合も瓶がなくても飾れる手軽さや、リーズナブルな価格が好まれます。ブリザードフラワーに至っては、枯れずに半永久に置けることからいつまでも飾っておけます。このように贈る相手に合わせてふさわしい物を選ぶことが必要です。

産地直接集荷の胡蝶蘭、バラをはじめ、全国や海外から優良品種を使用したフラワーギフトの提供をしています。 常によい品質のものを仕入れることが可能です。 また、産地と連絡を密にとり、複数の生産者様から直接集荷するため、 社員の福利厚生、チェーン店の開店祝い、大規模施設などのスタンド花など、様々な用途でのご注文に対応しています。 市場仕入れでも産地直送でもない、フラワーズ・ドゥのオリジナルです。 開店祝いのお花探しは開店祝い花.com